■プロフィール

yadofukasan

Author:yadofukasan
能登輪島、部屋数4部屋の小さな民宿
輪島伝統技法による拭き漆の建物
深三蔵出しの明治大正昭和初期の輪島塗の器
地元食材、地元調味料、地酒、地のお米・・・
・・・の普通の民宿・・・

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いろいろなお客さん
先日、仕入れを終えて、昼前に家に戻って来たら、お客さんが玄関先でウロウロしていた。
「ここの人?」
っと、ちょっと不機嫌そうに言う。
続けて・・・
「誰もいないから、どうしようかと思ったわ。」
「もう観光センター行って、他の宿探そうかと思ったわ。」っとまくし立てる。

僕 「いや、うちは2人でやってるし、それぞれ仕入れがあるから家を空けることもあります。」
客 「へぇ~、2人でやってるの?そんなん知らんかったわ。」
僕 「予約時にチェックインは3時からですって言ってあるはずですが・・・」
客 「そんなん知ってるけど、こんな荷物持ってウロウロしろって言うの?」
かなり頭に来た。
続けて「どっか見るところあるん?」「3時までウロウロできないわ」
いったい、この人達は何を目的に来たんやろ。

すごく、憂鬱になった。
この人達にどんな接客すればいいんやろう・・・
カッカきてる僕にミホは・・・
「私に任せとき!」

お客さんも冷静になったのか、夕食時には機嫌がよくなった。
「美味しいわぁ」
「また、来たいわぁ」
「友達に紹介するわぁ」
っと、最後のチェックアウトの際は、街で買ったショートケーキを6個も置いていってくれた。
ミホの勝ち・・・
僕はまだまだ修行が足りない・・・
スポンサーサイト


お客さん | 11:50:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。