■プロフィール

yadofukasan

Author:yadofukasan
能登輪島、部屋数4部屋の小さな民宿
輪島伝統技法による拭き漆の建物
深三蔵出しの明治大正昭和初期の輪島塗の器
地元食材、地元調味料、地酒、地のお米・・・
・・・の普通の民宿・・・

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
最後の試合
第7回北日本新聞社旗争奪富山県少年野球大会。
7月の予選トーナメントを1位通過し、その決勝トーナメント。
対戦相手は、宮田スポーツ少年団野球部。
氷見市では常に上位にいる強豪チームと聞いた。
会場は、去年の1回戦でも勝っている縁起のいい富山市大沢野球場。

これがコタ達6年生にとっては、最後の大会。
負ければそれが小学生での最後の試合になる。
それぞれ課題を与え、悔いのない試合にしたいと思った。
コタは先発ピッチャー。
コタには、フォアボールを出さずにストライク先行で試合を作るという事。
後攻輪島クラブ。

1回表、打者3人に対してボール球4つ、しかも3番バッターを三振に取り三者凡退の好スタート。
裏の攻撃では、ハヤテとヒロキの2塁打で2点を先制。
2回表は、セカンド後ろへのポテンヒットだけで0点に抑える。
裏の攻撃は、ユウトの2塁打で1点を追加。
3回表、4回表もエラーで出塁が1つだけで無得点に。
4回まで3対0。
雰囲気も良かったが、5回に・・・・
一つのタイムリーエラーで嫌な予感はしたが、ピッチャー前スクイズもカイトの好ブロックで2アウトとし、流れを止めたと思ったが。
また、ヒットと度重なるエラーで一挙5点を献上してしまう。
3回からは、相手のエースに8個の三振を奪われ、涙のゲームセット。
最後の試合にしては、ちょっと後味が悪かったが、この悔しさは冬の練習を真面目にして中学野球で挽回してほしい。
IMG_579400000000000.jpg
試合後の集合写真。
この、グダグダ感を見れば、あまりこの子達に悔しさを感じない・・・。

IMG_578200000000000000.jpg
最終回にはマウンドを降り、久しぶりに御愛嬌のサードへ。

でもこの試合の悔しさは、俺的にはこの1年でベスト3に入る。

スポンサーサイト


野球 | 15:48:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad