■プロフィール

yadofukasan

Author:yadofukasan
能登輪島、部屋数4部屋の小さな民宿
輪島伝統技法による拭き漆の建物
深三蔵出しの明治大正昭和初期の輪島塗の器
地元食材、地元調味料、地酒、地のお米・・・
・・・の普通の民宿・・・

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
キャンセル
ガン患者に対しては、よく「頑張って」とは言ってはいけないと言う。
「精一杯頑張ってるのに、これ以上頑張れって言われるのが辛い」っと言うのがその理由。

今日も、宿泊予約のキャンセルがあった。
東日本大震災というと、福島や岩手など被害の特に大きい所が取り立たされるが、茨城県も被害が大きい。
お客さんは水戸市の方。
「家が傾いている」
「ライフラインもまだ復旧していない」
「カップラーメンが今まで1個しか買えなかったが、ようやく1人5個まで買えるようになった」
そして、何度も何度も「この輪島への旅行をすごく楽しみにしていた」と涙ながらに言ってくれた。
なんて答えていいのか、どう話していいかまったくわからんかった。
そして、やっぱり「頑張って」とは言えなかった。
「また、必ず輪島への旅行を計画してください」
そんな事しか最後に言えなかった。
ちょっとした言葉が勇気を与えるかもしれんけど、ちょっとした言葉で傷つくかもしれない。

うちの家の前で工事をしている。
道路を綺麗に舗装するらしい。
必要な事だと思う・・・でもちょっと微妙な気持ち。
IMG_74580000000000000000.jpg

スポンサーサイト


お客さん | 23:05:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad