■プロフィール

yadofukasan

Author:yadofukasan
能登輪島、部屋数4部屋の小さな民宿
輪島伝統技法による拭き漆の建物
深三蔵出しの明治大正昭和初期の輪島塗の器
地元食材、地元調味料、地酒、地のお米・・・
・・・の普通の民宿・・・

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
シマエビ
この時期は若いお客さんも多い。
今時の若い倉木麻衣似の彼女。
新鮮な魚介類だけでなく、かぼちゃなんかの地野菜まで「すごく美味しい!」と感動してくれる。
そんなかんなで話していたら・・・
「えぇ~、旦那さん富南ですかぁ~。私京西なんですよぉ~」
っと、奈良の中学ネタで盛り上がる。
「高校はどこですかぁ」
「えぇ~、そしたら○○先生知ってますかぁ」
当然、年代としては20程違うと思われるが・・・。
でも、こんな今時風の若い子でも新鮮な食材や輪島塗なんかも興味持ってくれてうれしい。
IMG_77120000000000000.jpg
シマエビが最盛期。
焼いて良し、煮て良し、当然生で最高のシマエビ。
頭までしっかり食べました。
スポンサーサイト


お客さん | 15:27:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad